ハワイに家が欲しい|海外不動産投資の基礎知識

ハワイに家が欲しい 海外不動産投資の基礎知識では実際にハワイ不動産事情を調査した体験・事例を記す備忘録的ブログです。

MENU

不動産

ハワイ不動産投資の基礎

はじめに このブログで取り上げている、ハワイ不動産投資の基礎記事をまとめました。 各項目のリンクをクリックすると詳細がご覧いただけます。 不動産の種類についての基礎知識 hawaii-oahu.hateblo.jp ハワイ基本情報 hawaii-oahu.hateblo.jp hawaii-oahu.…

MLSで日本に居ながら現地の不動産相場調査 MLSの見方

ハワイでは物件情報が全てMLSという不動産専用のデータベースに全て登録されています。 今回はホノルル不動産協会にて閲覧できるMLSについてです。 MLSとは? MLSとはMultiple Listing Serviceの略で不動産専用のデータベースです。 日本だと物件のデータベ…

オープンハウスだけで不動産を購入して大丈夫なの?物件の解約条項

海外で不動産投資をする場合、現地での滞在期間が短いため、その不動産が本当に大丈夫か不安に思うかもしれません。 ハワイでは不動産の売買契約書に「●●に納得したら購入します。」といった、条件が事前に盛り込まれており、一定の期限内に納得いかなかった…

エージェントが手伝ってくれるから安心!ハワイでの物件購入の流れ

今回はハワイでの不動産の購入の流れのお話です。 日本に居住している場合は、ハワイでの不動産購入の大まかな流れを知っておくことが重要です。 エスクローやオファーなど日本では聞きなれない用語もありますので、ぜひご覧ください。 1 物件リサーチ ホノ…

ハワイ不動産の住宅保険(Homeowner Insurance)について

日本でも不動産を購入すると住宅保険に加入することが多い思います。 ハワイにも住宅保険があり、ローンで購入する際などは金融会社から住宅保険の加入が融資の条件として盛り込まれている場合があります。 今回はハワイ不動産の住宅保険(Homeowner Insuran…

リビングトラスト(生存信託)とは?

不動産所有に関して、一番問題になるのが持ち主が亡くなってしまった際の相続です。 今回はリビングトラスト(生存信託)のお話です。 プロベイト(検認)手続きとは 日本人がハワイで投資目的でコンドミニアムを購入し賃貸していたとします。 突然、持ち主…

180日以内の短期宿泊に必要な税金「宿泊税(TAT)」について

ハワイは世界有数の観光地。日本の消費税にあたるGET税の他に、短期宿泊者に必要になるTA Taxがあります。 タイトルに(TAT)なんで書いてしまい、涙目絵文字っぽくなってしまいましたが、今回はTA Taxについてです。 ※税率の高さは涙目なのですが、、 TA Ta…

日本では馴染みの無い、小切手(Personal Check)の書き方と使用方法

不動産物件をオファーする際に、手付け金としてある程度の額の小切手を添えます。 日本では小切手のやり取りは、あまり一般的ではないかもしれません。 今回は小切手の書き方のお話です。 小切手はどうやって手に入るの? ハワイの銀行で口座を開設すると普…

2016年夏版 ハワイのローン金利比較表の見方

ハワイでは住宅ローンの金利が、ホノルル不動産協会のサイトで確認することができます。 今回は住宅ローン金利の見方のお話です。 ホノルル不動産協会(hicentral.com) ホノルル不動産協会のサイトにアクセスし、メニューから Market Info → Hawaii Mortgag…

ローン購入に必要 不動産物件の鑑定をするアプレイザル(Appraisal)とは?

ハワイで中古不動産物件をローンでで購入する場合、住宅ローン会社はいくつかの審査をします。 その中に、購入しようとしている不動産が適切な価格で購入しているかを審査する、アプレイザル(Appraisal)を求められることがあります。 今回は不動産物件の鑑…

相続手続きから見る日米の不動産所有形態の違い

日本とハワイでは不動産の相続には大きな違いがあります。 今回はTenancy(借用)とProbate(検認)をキーワードに、相続と不動産所有形態についてのお話です。 日米での相続手続きの違い 日本の場合 日本の場合 被相続人(亡くなった人)の財産は、その人が…

この物件が欲しい!ハワイの不動産物件オファーの流れ

米国と日本では不動産売買の手続きが異なります。 今回は希望物件が見つかった際の、売り手へのオファーの流れについてです。 購入の意思表示は書面でやりとり 日本の場合は不動産会社に価格、条件を口頭で伝え、売り手に交渉をしてもらうのが一般的です。 …

測量(Survey)と杭打(Staking)

ハワイの戸建の取引の場合、不動産売買契約書の中に登記予定日の何日前までに売り手の負担で「杭打」か「測量」のいずれかをしなければならない旨が明記されています。 測量では下記を確認します。 境界の確認 越境部の確認 測量図の作成 今回は測量と杭打に…

ハワイの物件売買契約書に記載されている細かい条項

ハワイ州不動産協会の物件売買契約書には契約に必要な様々な条項が盛り込まれています。 ホームインスペクションやシロアリ被害に関する条項は調査の結果により買い手が可否を選択できるのですが、必ず承諾しなければならない条項もありますのでご紹介します…

コンドミニアム・ドキュメント(Condominium documents)の確認

ハワイの不動産売買の際の不動産売買契約書の中には「分譲地またはコンドミニアムの必要書類(ドキュメント)を売り手から受け取り、その書類の内容を検討し、承諾した場合に購入する」という条項が盛り込まれています。 今回は不動産売買の際に必要になる書…

物件情報開示書(Seller's disclosure statemen)とは

売り手は不動産売買契約が結ばれた日から10日以内(契約内容より前後あり)に、買い手に物件情報開示書(Seller's disclosure statemen)を提出しなけれないけません。 今回は物件情報開示書の内容と必要性についてです。 物件情報開示書(Seller's disclosure…

Lead-Based Paint(鉛入り塗料) とは?

1978年以前に建てられた不動産物件を売買する場合、売買契約を完了し、エスクローオープン後に売り手は鉛入り塗料(Lead-Based Paint)を物件で使用しているかについての情報を買い手に知らせなくてはなりません。 (1996年12月より施行) Lead-Based Paint…

物件購入の前にシロアリ被害を検査(ターマイト検査)

ハワイでは売買契約成立後、エスクローオープンになるといくつかの調査(検査)が行われます。 その一つがシロアリの被害を調査するターマイト検査(termite inspection)です。 物件の売買の際に、売り手がシロアリ駆除をするよう義務づけられています。 ハ…

タイトルカンパニーの発行するプレリミナリー・レポート(Preliminary Title Report)の重要性

ハワイではエスクロー時にタイトルカンパニーに依頼して、土地の名義が正当か、不動産のローン残高の支払い調査などを調べます。 なぜ、タイトルカンパニーによる調査が必要なのでしょうか。 タイトルカンパニーの意味 ハワイでは王族による土地支配が受け継…

エージェントじゃなくても閲覧可能!?ハワイの物件の売買履歴を調べる

売買履歴とは? ハワイでは市場に出回っている物件は全て、MLSに登録されています。 物件が中古物件の場合、これまでどのような動き(売買動向)をしていたのか、気になると思います。 ホノルル不動産協会に所属するエージェントはMLSにて売買履歴を閲覧する…

不動産契約後のホームインスペクション(Home Inspection)の話

ハワイでは売り主との不動産契約後、建物の検査を契約書の条項に従い7日または15日以内に実施する事ができます。 これをホームインスペクション(Home Inspection)とよびます。 今回は、なぜホームインスペクションが必要かをお話ししたいと思います。 建物の…

ハワイではノンリコースローンを採用しているか

「リコースローン(Recourse)」と「ノンリコースローン(Non Recourse)」について紹介したいと思います。 日本で採用している仕組みではないので、多くの方は聞きなれない言葉だと思います。 リコースローンとは 日本の不動産ローンは「リコースローン」と呼ば…

パスポートのみで開設できるの?ハワイで銀行口座を開設する

ハワイで不動産を購入する際に、日本の銀行を利用して入出金も可能ですが、管理費や税金の支払いなどをやりとりをする場合、現地に口座を開設した方が便利な場合があります。 ハワイでは日本人でも開設できる アメリカ本土では口座の開設に社会保障番号が必…

失望したくない人のためのハワイ住宅ローン(Mortgage Loans)のはなし

ハワイで不動産を購入する際にこんな事にお困りではないでしょうか? 現地の銀行にローン組めるの? 誰に相談をしたらよいの? 不動産購入の際に現金で一括で支払える場合は問題ないのですが、もしローン購入を考えている方には是非読んでほしい記事です。 …

現地の生活を肌で感じるオープンハウスについて

物件を購入したいけど一歩を踏み出せない方には、オープンハウス見学をお勧めします。 WEBやカタログ上では物件の概要はわかりますが、物件との相性まではわかりません。 現地の相場や価格感を見るために、いくつか物件を見学してみるのはいかがでしょうか。…

本当に節税なの?ハワイの不動産投資の減価償却費

不動産の減価償却とは? 減価償却とは時間の経過や使用することにより、価値が下がる固定資産を取得した際に、取得費用をその資産の決められた耐用年数に応じて分割して計上していく会計処理のことを言います。 簡単にすると「事業で使う物品には寿命があり…

海外不動産投資をする際の税金の基礎知識

不動産投資となると、やはり気になるのは税金の話。 日本とアメリカどちらに税金を払うの? 控除はあるの? 税金はその国によって税率や申告方法も異なります。 今回は税金の違いについて調べてみましょう。 「どこに居住しているか」が基本 税金とは『居住…

トラブルを防ぐために大事な制度「エスクロー」のはなし

不動産購入は多額の『お金』や大切な『土地』を取引します。 そこで不動産売買による詐欺やトラブルを防ぐために、売り手と買い手の売買契約成立後、『お金』や『権利証』を当事者同士でやりとりするのではなく、ハワイ州政府により不動産の証書受託業務を行…

失敗しない不動産エージェント探しのコツ

エージェントの仕事とは? 不動産の購入は不動産エージェントなしでも可能です。 しかし、現地の不動産の知識、成約をするときに必要な書類、契約書のルールを知らないと、万が一リジェクト(書類に不備があった等)された際に事実確認や調査のために多くの…

ハワイの不動産仲介手数料の仕組み

日本の仲介手数料と両手取引 日本では、仲介手数料として取引金額の「3%+6万円」に消費税をかけたものが、手数料の上限です。 売り手と買い手が介在しますので、自分のお願いした仲介業者に3%+6万円をそれぞれ支払います。 もし両方を仲介する「両手取引」…

物件情報の閲覧時には必ず確認!所有権と借地権のはなし

ハワイの物件情報を眺めていると「お!お手頃価格!」と思って詳細をみてみると、LHと書いてあり、借地権物件であることがよくあります。 日本では「所有権」「借地権」「定期借地権」などが代表的ですが、ハワイで外国人に所有できる土地の権利はFee Simple…

信頼できるエージェント探しへの第一歩 ライセンスの(RA)(R)(B)(S)ってなに?

この記号はなに? ハワイで物件を探す場合、広告や名刺などに(RA)、(R)、(B)、(S)といった記号が表記されていると思います。 この記号はなに? どのライセンスが信頼できるの? と思われたのではないでしょうか。 これは不動産販売士がライセンスの形態を明…

あなたはどれ?3つの選択肢から選ぶハワイの不動産購入ガイド

いざハワイの物件を調べてみると日本では聞き馴染みのないワードがありませんか? この記事は下記の方向けです。 コンドミニアムって何? ホテルコンドとコンドミニアムの違いって? 相場ってどのくらいなの? ハワイに物件を購入する際には利用目的によって…

ハワイの不動産投資で失敗しないためのポイント

最近注目されているハワイ不動産投資。 ハワイでの不動産投資についてまとめてみたいと思います。 海外不動産投資の未経験者が持つ不安感 海外不動産投資にはリスクはつきもの。 未経験の方は下記のような不安感をお持ちではないでしょうか。 価格が暴落する…

当ブログのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。

当ブログの情報によるいかなる損失に関して、当サイトでは免責とさせて頂きます。あらかじめご了承ください。

本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。