読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハワイに家が欲しい|海外不動産投資の基礎知識

ハワイに家が欲しい 海外不動産投資の基礎知識では実際にハワイ不動産事情を調査した体験・事例を記す備忘録的ブログです。

MENU

コンドミニアム・ドキュメント(Condominium documents)の確認

不動産

f:id:hi-hawaii:20160810001016j:plain

ハワイの不動産売買の際の不動産売買契約書の中には「分譲地またはコンドミニアムの必要書類(ドキュメント)を売り手から受け取り、その書類の内容を検討し、承諾した場合に購入する」という条項が盛り込まれています。

今回は不動産売買の際に必要になる書類についてです。

コンドミニアム・ドキュメント(Condominium documents)とは

コンドミニアム・ドキュメントとは、居住するために必要なルール・条項が記載されている書類一式の事です。

書類には以下のものが含まれます。

  • コンドミニアムの設立宣言
  • コンドミニアムの定款と改定履歴
  • 住環境管理約款
  • 付属定款・内規
  • 定期会議の議事録(直近数回分)
  • 年度総会の議事録
  • ハウスルール
  • 前年度の収支報告書
  • 現年度の管理組合予算
  • 財務報告書
  • 保険に関するドキュメント
  • 土地の区画に関するドキュメント
  • 修繕費用に関するドキュメント

コンドミニアム以外、分譲地や一軒家でも自治組織等がある場合には、同様のドキュメントが存在ます。

ドキュメントを見て何を判断するか

収支を確認する

コンドミニアム・ドキュメントには収支修繕の履歴等が記載されています。築年数が古い場合、外壁の修繕やエレベーターの買い替え等、経年劣化によりどうしても費用が発生します。

その費用がダイレクトに共益費に跳ね返ってきますので、築年数と共有設備のバランスに中止してください。

定期会議の問題を把握する

会議でどのような事が話し合われているか、今、何が物件で問題になっているかを注意深く観察してください。よくある事例としては大きな修繕が予定されていて、共益費の値上げを迫られているが、住民が反対している等があります。

話し合いで解決すれば良いのですが、事案によっては訴訟になるケースもあります。

コンドミニアムのルールを把握する

コンドミニアムによっては、プールの使用時間や共有ランドリーの利用時間など独自のルールがある可能性があります。生活リズムに直結する内容ですので、ハウスルールもしっかり参照してください。

ドキュメント確認期間

f:id:hi-hawaii:20160810001609j:plain

買い手はドキュメント到着後、不動産売買契約書の条項に記載されている期間にて内容を検討し承諾をしなければなりません。

このドキュメントに不服がある等、気に入らない場合は契約を破棄する事ができます。

まとめ

コンドミニアム・ドキュメントには不動産の築年数分の問題や履歴が盛り込まれている大切な書類です。

運営が不十分なコンドミニアムを購入してしまうと、修繕などで思いもよらない経費が発生してしまう恐れがありますので、慎重に検討する必要がありそうです。

当ブログのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。

当ブログの情報によるいかなる損失に関して、当サイトでは免責とさせて頂きます。あらかじめご了承ください。

本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。