読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハワイに家が欲しい|海外不動産投資の基礎知識

ハワイに家が欲しい 海外不動産投資の基礎知識では実際にハワイ不動産事情を調査した体験・事例を記す備忘録的ブログです。

MENU

180日以内の短期宿泊に必要な税金「宿泊税(TAT)」について

不動産

f:id:hi-hawaii:20160829183951j:plain

ハワイは世界有数の観光地。日本の消費税にあたるGET税の他に、短期宿泊者に必要になるTA Taxがあります。

タイトルに(TAT)なんで書いてしまい、涙目絵文字っぽくなってしまいましたが、今回はTA Taxについてです。

※税率の高さは涙目なのですが、、

TA Taxって??

ハワイに旅行に行った経験がある方は、ホテルの支払い時に「税金が高いな〜」と感じた経験があるのではないでしょうか。

日本に住んでいると、支払い時には消費税の8%で大抵の物事は済んでしまいますが、ハワイでは短期宿泊税の制度があるため、通常のGE TaxにプラスしてTA Taxの支払いも必要になります。

※日本でも、2012年より各都道府県規定により、旅館またはホテルに一定の金額以上の料金で宿泊した場合、宿泊税を課税する仕組みが始まっています。

TA TaxとはTrancient Accpmodatiom Taxの略でホテル税、宿泊税とも呼ばれています。

TA Taxの税率は?

f:id:hi-hawaii:20160829190327j:plain

TA Taxの税率は2016年7月の時点で9.25%

オアフ島で宿泊した場合、GET税と合わせると合計13.962%の税金が発生します。

もちろん、この金額にはチップやサービス料金は含まれていないので、宿泊をするのに結構な金額を支払っている事になります。

TA Taxの対象はホテルだけ?

TA Taxの課税対象は180日以下の短期宿泊の場合に必要になります。

もちろんホテルだけではなく、短期賃貸のコンドミニアムやアパート。モーテルにも適用されます。

ハワイの産業の軸は観光産業。このように短期の滞在者から安定した税金を徴収することができるのですね。

TA Taxの納付、延滞について

もし、コンドミニアム等を短期で賃貸したい場合は、TATのライセンスを取得し、GE Tax同様に納税金額により、支払いサイクルが決まっています。

さらに未納による延滞のペナルティもあります。

アメリカの税法は年々変わりますので、詳しくは現地の会計士などの専門家に問い合わせてみてください。

まとめ

コンドミニアムなどを投資目的で長期(180日以上)貸し出す場合は関係ないのですが、180日以内の短期の場合はTA Taxが必要になります。

結構大きい税率ですので、投資目的の際はTA Taxの納付額も視野に入れて検討が必要です。

当ブログのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。

当ブログの情報によるいかなる損失に関して、当サイトでは免責とさせて頂きます。あらかじめご了承ください。

本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。