読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハワイに家が欲しい|海外不動産投資の基礎知識

ハワイに家が欲しい 海外不動産投資の基礎知識では実際にハワイ不動産事情を調査した体験・事例を記す備忘録的ブログです。

MENU

日本では馴染みの無い、小切手(Personal Check)の書き方と使用方法

不動産

f:id:hi-hawaii:20160819192102j:plain

不動産物件をオファーする際に、手付け金としてある程度の額の小切手を添えます。

日本では小切手のやり取りは、あまり一般的ではないかもしれません。

今回は小切手の書き方のお話です。

小切手はどうやって手に入るの?

ハワイの銀行で口座を開設すると普通預金(Saving Account)当座預金(Checking Account)を選ぶことができます。

小切手を発行するには当座預金が必要になります。

日本で生活していると聞きなれない当座預金ですが、ハワイ(米国)では多額の現金を持ち歩く習慣がないので、デビット・カードと同じように、小切手を発行し、当座預金からの引き落としになります。

小切手での支払いは公共料金をはじめとして携帯電話代・家賃・保険料などの請求書払いを基本として、デパートなどの量販店でも使用することができます。

小切手の書き方

f:id:hi-hawaii:20160819193929j:plain

小切手には既に情報が印字されている箇所(赤色の部分)と使用者が書き込まなければならない(青色)の部分があります。

印字されている基本情報

銀行から小切手が発行されるとすでに情報が印字されている部分があります。

本人の氏名と住所

銀行に登録されている氏名と住所が印字されています。

小切手番号

通し番号にて小切手の番号が印字されています。

コード欄

銀行コード・口座番号・小切手番号が事務処理用に印字されています。

利用者が記入する箇所

日付

小切手を発行する日付を記入します。

支払先

支払い先を記入します。会社等は正式名称で記入しなければなりません。

金額(数字)

金額を数字で記載します。

金額

金額を英語で記載します。(例:ONE HUNDRED TWENTY THREE)

セントの部分は50/100というように分数で書きます。

金額を書いた後の残りの空白部分は行末まで線を引き、追記ができなくします。

メモ

支払い内容を明確にするための備考欄として使用することができます。

空欄でも大丈夫です。

署名(サイン)

口座開設時に署名したサインと同じものを書きます。

アルファベット数字早見表

アルファベットで数字を書くのが苦手な方用に、金額の早見表です。

1ONE11ELEVEN30THIRTY
2TWO12TWELVE40FORTY
3THREE13THIRTEEN50FIFTY
4FOUR14FOURTEEN60SIXTY
5FIVE15FIFTEEN70SEVENTY
6SIX16SIXTEEN80EIGHTY
7SEVEN17SEVENTEEN90NINETY
8EIGHT18EIGHTEEN100ONE HUNDRED
9NINE19NINETEEN1000ONE THOUSAND
10TEN20TWENTY10000TEN THOUSAND

当ブログのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。

当ブログの情報によるいかなる損失に関して、当サイトでは免責とさせて頂きます。あらかじめご了承ください。

本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。