読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハワイに家が欲しい|海外不動産投資の基礎知識

ハワイに家が欲しい 海外不動産投資の基礎知識では実際にハワイ不動産事情を調査した体験・事例を記す備忘録的ブログです。

MENU

ハワイではノンリコースローンを採用しているか

f:id:hi-hawaii:20160804002021j:plain

リコースローン(Recourse)」と「ノンリコースローン(Non Recourse)」について紹介したいと思います。
日本で採用している仕組みではないので、多くの方は聞きなれない言葉だと思います。

リコースローンとは

f:id:hi-hawaii:20160804004850j:plain

日本の不動産ローンは「リコースローン」と呼ばれるものを採用しています。

不動産購入後、ローン借り主が支払いができなくなった場合に、担保の不動産の売却が行われ、ローンの返済にあてられます。

しかし売却金額よりもローン残高の方が多い場合には、自己破産しない限りローン借り主は残った額の支払いを引き続き行わなければなりません。

結果としてローン借り主には借金のみが残ります。

ノンリコースローンとは

f:id:hi-hawaii:20160804004947j:plain

ノンリコースローンを日本語に訳すと『非遡及融資(ひ そきゅう ゆうし)』と呼ばれます。

リコースローン同様に不動産購入後、ローン借り主が支払いができなくなった場合には、担保の不動産の売却が行われます。

もし売却金額がローン残高に満たなくても、ローン借り主は差額の返済は求められません。担保を手放してしまえば、それ以上の責任を負わなくてもよいというメリットがあります。

これは融資をする際に単にお金を貸しているのではく、不動産に対して融資をしているという考え方です。

世界の潮流はノンリコースローンのようで、多くの国で採用されています。

ノンリコースローンのデメリット

ローン借り主にとって有利な制度ですが、ローン会社によってはリスクになります。

そのため、金利が上乗せされる融資に対する審査が厳しくなる等のデメリットもあるようです。

ハワイでノンリコースローンは採用されているか

米国の場合、州によってはノンリコースローンを組むことができません。

ハワイでは投資用の不動産はローン契約書に融資がノンリコースローンであると記載されていない場合が多く、最近はリコースローンが主流になっているようです。

まとめ

リコースローンノンリコースローンについて調べてみました。
ローン契約の際には契約書を確認し、不明な箇所があればローンオフィサーにお問い合わせください。

当ブログのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。

当ブログの情報によるいかなる損失に関して、当サイトでは免責とさせて頂きます。あらかじめご了承ください。

本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。